在沖米軍トップのジョン・ウィスラー沖縄地域調整官(四軍調整官)は4日、離任あいさつで沖縄県庁に翁長雄志知事を訪ねた。翁長知事は、沖縄の過重な基地負担や、新基地建設に反対する方針を伝えた過去の会談を踏まえ、離任後も「県民の気持ちも酌みながら沖縄を見つめてほしい」と要望した。

離任あいさつで翁長知事(右)と会談するウィスラー沖縄地域調整官=4日、県庁

 翁長知事は「日米安保体制の役割、意義は私もよく理解している。戦後沖縄が日本から切り離され、それ以降も日米安保体制をほとんど沖縄が支えるような状況を認識願いたい」と求めた。日本政府と県の集中協議の最終回を控えていることにも触れ、「米国からすると日本国内の問題かもしれないが、行く末によっては米国も当事者にならざるを得ない」と述べ、米国内で沖縄の状況や県民感情を伝えてほしいと語った。

 ウィスラー氏は、在任した2年間を振り返り、「日米両政府が日米同盟にとってポジティブな解決に至ることを期待している」と応じた。