【沖縄】第60回沖縄全島エイサーまつり(主催・同実行委員会)2日目は5日、沖縄市コザ運動公園陸上競技場で「第37回沖縄市青年まつり」を開催した。観客たちは各青年会の勇壮な演舞に見入った。

勇壮な演舞で観客を沸かせる沖縄市中の町青年会=5日、沖縄市コザ運動公園陸上競技場

 安慶田青年会など市内の12青年会のほか、宜野湾市の嘉数区青年会、東京の中野区新風エイサーも出演。各団体とも力強い太鼓の音やはやし、小気味よい口笛などで会場を盛り上げた。

 浦添市から職場の同僚と来た石川夏紀さん(35)=会社員=は「会場でエイサーを見るのは初めて。迫力があって楽しい」と笑顔。ことし、転勤で北中城村に移住した吉村典泰さん(47)=会社員=も「青年会ごとに違いがあって面白い。沖縄独特の文化を感じられた」と喜んだ。

 最終日の6日は午後2時半から。市内の胡屋青年会やうるま市の平敷屋(西)青年会など15団体が出演する。