米軍普天間飛行場のCH53Eヘリが普天間第二小学校の運動場に窓を落下させた事故について、南風原町議会(宮城清政議長)は15日、事故原因を公表するまでの飛行停止、学校関係者への謝罪などを米軍や日本政府に求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

 抗議決議と意見書では、米軍機の「相次ぐ事故やトラブルに対し再発防止策の徹底を強く申し入れている中、重大事故が起きたことに激しい怒りを禁じ得ない」としている。首相や防衛相、米国大統領、在日米軍司令官らに送付する。