サッカーの明治安田J3は6日、各地で第27節が行われた。5位のFC琉球は県総合運動公園陸上競技場で12位のJリーグU-22(22歳以下)選抜と対戦し、6-0で大勝した。

FC琉球-U22選抜 前半8分、FC琉球の田中恵太(左)が1点目のシュートを決める=県総合運動公園陸上競技場(渡辺奈々撮影)

 琉球は前半8分、MF浅田大樹の左クロスを受けたFW田中恵太が今季7点目となる先制弾。同13分には田中恵がPKを決め、同35分にはFW中山悟志がネットを揺らし、3-0で試合を折り返した。

 後半は4選手を入れ替えて臨み、36分に右クロスをMF富所悠が頭で合わせて4点目。同38分には田中恵がハットトリックとなる5点目を奪った。同41分には中山がダメ押し弾を決め、今季最多得点で圧勝した。

 通算成績は11勝5分け9敗で勝ち点は38。順位は5位で変わらない。次戦は13日、鳥取県で、7位のガイナーレ鳥取と対戦する。(観客数673人)