【名護】名護市辺野古の新基地建設をめぐる県と政府の集中協議が決裂したことを受け、名護市の稲嶺進市長は7日夕、翁長雄志知事が前知事による埋め立て承認の取り消しに向けた手続きを進めることについて、「私も県民もそのことを期待している。県民を挙げて知事をバックアップしていきたい」と述べた。