乾隆21(1756)年尚穆(ぼく)王の冊封副使として来琉した周煌(しゅうこう)の使録は乾隆24年に刊行された。徐葆光(じょほこう)の『中山伝信録』とともに琉球冊封使録の双璧をなすと讃(たた)えられ、天保2(1831)年には幕府による和刻本も出版されている。 私は官刻本を2回ほど扱う機会を得た。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。