15日午後7時すぎ、沖縄県金武町の沖縄自動車道名護向け車線の屋嘉インターチェンジ(IC)付近で車両9台が絡む事故があり、8人が救急搬送された。県警交通機動隊によると、8人は骨折などの重軽傷を負ったが、命に別条はないという。一般車両が中央分離帯で単独事故を起こし、後続車が絡んだとみられる。

多重事故で車が大破した現場=15日午後9時ごろ、沖縄自動車道の金武町屋嘉インター近く

 事故現場は屋嘉ICの約100メートル手前。事故の影響で午後7時15分から石川-金武の間が通行止めになり同10時10分に解除された。一般車両や金武地区消防の救急車、米軍属が運転するYナンバー車など計9台が絡んだという。

 同消防によると、救急車は別の救急搬送を終えて恩納分遣所に戻る途中に事故現場を確認し、対応中だったという。