名護市辺野古への新基地建設をめぐる政府と沖縄県の集中協議で、政府は1カ月間中断していた作業の再開を明言し、両者の協議は決裂した。「県の意見に耳を傾ける」(菅義偉官房長官)と協議に乗り出した政府だが、「辺野古ありき」の強行的な姿勢を崩すことはなかった。