世界最多の人数でフラダンスを踊り、ギネス新記録を目指すイベントが10月3日、宮古島市の伊良部大橋で開かれる。市制10周年とハワイ州マウイ島との姉妹都市締結50周年を記念した「カギマナフラin宮古島2015」(主催・宮古島市、沖縄タイムス社など)の一環で、市などが参加者を募集している。

フラダンスのギネス記録更新に向け、参加を呼び掛けた下地市長(右から2人目)ら=7日、沖縄タイムス社

 カギマナフラは1日開会、ギネス挑戦は3日午前6時半から受け付けを開始する。女性はフラドレス、男性がアロハシャツなど、それぞれ指定がある。参加人数の目標は2千人以上。4日のインターナショナル・フラコンペには、昨年参加した福島県立好間高校(いわき市)の生徒も出場する。

 下地敏彦市長が7日、PRのため沖縄タイムス社を訪れ「新しい伊良部大橋でみんなでフラを踊ることで絆が強まる」と参加を呼び掛けた。問い合わせは、受付窓口098(863)4152。