新基地建設が進む沖縄県名護市辺野古沖で16日、抗議する市民の船に海上保安官が乗り込んで定員をオーバーし、不安定になって女性(40)=名護市=が海に落ちた。船は両舷からの浸水が激しく沈没寸前に。「怖い」と絶叫し続けた女性は「死んでしまうと思った」と語った。

海上保安官3人が抗議船に乗り込む=16日午前9時すぎ、名護市辺野古沖(提供)

船が大きく傾き、海水が浸入してくる=16日午前9時すぎ、名護市辺野古沖(提供)

撮影していた女性が海に落ちる寸前。海保ゴムボートの船首と、奥に砂利運搬船が見える=16日午前9時すぎ、名護市辺野古沖(提供)

海上保安官3人が抗議船に乗り込む=16日午前9時すぎ、名護市辺野古沖(提供) 船が大きく傾き、海水が浸入してくる=16日午前9時すぎ、名護市辺野古沖(提供) 撮影していた女性が海に落ちる寸前。海保ゴムボートの船首と、奥に砂利運搬船が見える=16日午前9時すぎ、名護市辺野古沖(提供)

 現場は臨時制限区域の外側で、立ち入り禁止ではない外洋。午前9時ごろ、抗議のため石材運搬船に近づいた「ぶるーの船」に対し、海保のゴムボート2隻が左右から体当たりし、さらに挟み込んで停船させた。保安官の1人が市民に「ばか」と発言し、抗議すると「規制します」と保安官3人が乗り込んできた。

 定員いっぱいの5人が乗った小さな船にさらに保安官3人が乗り、もみ合いもあって大きく揺れた。「海水がガバガバ入ってきて、転覆すると思った。逃げなければ」と考えた女性は次の瞬間、海に落ちていた。海保のボートに引き上げられ、けがはなかった。

 同乗していた北上田毅さん(72)は「定員いっぱいだと事前に伝えたのに無視した。海保が一番安全を侵害している」と憤った。操船した大畑豊さん(54)も「もっと安全な規制の仕方があるはずだ」と批判した。

 この日は初めて本部港から海路で石材が搬入された。同乗していた男性(49)は「ここまでやるのか。政府が高江で陸自ヘリを使った時も思った」。ゲート前で座り込んだ女性(66)は「わざわざ船を使って増えた工費も血税から捻出される」と怒った。

 第11管区海上保安本部は取材に対し、「再三の警告にもかかわらず、危険な行為をしていた。安全確保の観点から、一時的に定員を超えることもある。正当な行為だと認識している」と回答した。「ばか」と発言した保安官には指導したことを明らかにし、「このような事がないよう改めて指導していく」と説明した。