政府と沖縄県の集中協議は7日、菅義偉官房長官が普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた作業を「再開する」と明言したことで、事実上、決裂した。安倍晋三首相は、菅氏と安慶田光男副知事のパイプを生かして「協議継続」の体裁を保つ提案をしたが、協議の核心である辺野古移設の見直しに関しては「ゼロ回答」(県幹部)。