国画会工芸部沖縄支部展(主催・同支部、共催・沖縄タイムス社)が8日午前、那覇市久茂地のタイムスビル2階のタイムスギャラリーで始まった。入場無料。13日まで。

国画会工芸部沖縄支部展の展示に見入る来場者=8日午前、那覇市久茂地・タイムスギャラリー

 「国画会」は、1926年に画家の梅原龍三郎らで創設された日本最大級の公募展。来年秋、県立博物館・美術館で創設90周年記念の「工芸沖縄展」を開催することを前に、県内の国画会会員8人を含む計約20人の県内作家がタイムスギャラリーで沖縄支部展を開いた。

 会場には、鮮やかな色彩の染織物やダイナミックな絵付けがなされた大皿の陶芸作品など、計約130点を展示。小皿やコップ、カラカラなどの展示即売も行われている。