沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリ、18日にも飛行再開へ 窓落下は「人為的ミス」

2017年12月17日 22:35

 米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから宜野湾市の普天間第二小学校に窓が落下した問題で、在沖米海兵隊が飛行再開の声明を18日に発表することが分かった。早ければ18日に再開するとみられる。複数の関係者が明らかにした。事故から1週間も経過しない中での飛行再開に県内で反発が高まるのは必至だ。

落下した米軍ヘリの窓

 県幹部は「今回の事故は従前と次元が違う。到底受け入れられない」と述べ、米軍が飛行再開を通知した場合は飛行を中止するよう抗議する考えを示した。

 米軍は17日、政府と県に事故原因について「人為的ミス」と伝えた。機体構造上の問題はないとして飛行を再開する方針だ。

 一方、学校や宜野湾市、県は、日米で合意した飛行ルートが守られていないとして、合意の順守や普天間第二小上空を飛行しないよう日米両政府へ求めているが、米側から回答はない。

 米海兵隊政務外交部(G7)のダリン・クラーク部長(大佐)は18日、小学校を訪れ謝罪する。

 事故は13日午前に発生。重さ7・7キロ、約90センチ四方の窓が枠ごと小学校の運動場に落ちた。運動場には当時、54人の児童がおり、児童との距離は最も近い場所で10メートルほどだった。米軍は事故後、普天間所属の同型機の飛行を見合わせていた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム