【東京】沖縄県の安慶田光男副知事は9日午前、首相官邸で菅義偉官房長官と会談し、同日で期限を迎えた県と政府の集中協議後の対話継続の枠組みとして、「政府・沖縄県協議会(仮称)」を新たに設置することを確認した。辺野古新基地建設問題を含む基地負担軽減と沖縄振興がテーマになる。

安慶田光男副知事(左)と菅義偉官房長官

 政府側から菅官房長官、山口俊一沖縄担当相、岸田文雄外相、中谷元・防衛相ら。県側は翁長雄志知事と安慶田副知事がメンバーとなる。双方で事前に議題を調整し、随時開催する方式になるという。

 安慶田氏は会談後に報道陣の取材に対し、「話し合いの窓口ができたのは評価できると思う。どういうテーマで開いていくかを調整していきたい」と話した。

 集中協議への参加の意向を示していた宜野湾市と名護市の参加については、「テーマが辺野古や普天間飛行場の問題の場合は、政府と相談して、意見を聞き入れることは十分可能だと思う」との考えを示した。

 辺野古での作業再開についての話し合いはなかったという。