J3で現在5位のFC琉球はJ1首位を走る鹿島を相手に、最後まで自分たちのパスサッカーを貫いた。前半18分の失点までは自陣からリズムをつくり、鹿島ゴールに迫る場面もあったが、要所でミスが出て決定機とはならなかった。