【名護】名護市辺野古の新基地建設をめぐる県と政府の集中協議が9日で期限を終えたことを受け、米軍キャンプ・シュワブゲート前には10日、約40人の市民らが早朝から集まり抗議の声を上げた。早朝の抗議行動は1カ月ぶり。

早朝の抗議行動が再開され、米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議の声を上げる市民ら=10日午前6時48分、名護市辺野古

 市民らは「いつ工事再開のための資材が持ち込まれるか分からない」「気を緩めず、工事車両が来たら止めよう」などと声を上げ、警戒を強めている。