【東京】菅義偉官房長官は10日の会見で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐって、翁長雄志知事が近く前知事による埋め立て承認取り消しを表明するとの見通しについて、「おととしに仲井真(弘多)前知事から埋め立て承認をいただいており、行政的判断を示されてる。行政の継続性という観点から既に承認されてる埋め立て工事を進めてくということには変わりない」と述べ、移設作業を進める考えを示した。

 また、承認手続きの瑕疵(かし)に関し、「沖縄県の職員が審査した上で時間をかけて判断された。瑕疵はないということに全く変わりはない」と強調した。