沖縄県は県内の保育所に対し、代替保育士を配置するための費用を補助する取り組みを来年1月にも始める。待機児童解消に向けた保育士の確保が目的。保育士1人分を加配することで年休を取りやすい環境を整え、スキルアップ研修への参加につなげたい考えだ。