翁長雄志知事が名護市辺野古沿岸の埋め立て承認を取り消しとする手続きに入る。政府と県との集中協議で中断していた作業を、沖縄防衛局が再開する直後に「取り消し」を表明することで、新基地建設阻止に向けた最大の決意をより効果的に示す狙いがある。