【東京】山口俊一沖縄担当相は11日の閣議後会見で、米軍普天間飛行場の返還問題を含む沖縄の基地負担軽減や振興策をテーマにした政府と県との新たな協議会での議論について、「今までの思いのギャップをいかに埋めていくかがすごく大事だと思う。できるだけ理解し、(政府が沖縄の課題に)真剣に取り組んでいることを見て頂き、態度で示すことが大事」との考えを示した。

山口俊一沖縄担当相

 山口氏は、政府と県の集中協議が決裂した7日の会合で、翁長雄志知事が「違った時代を生きてきたんですね」と発言したことに、「非常にぐさっと胸に突き刺さった」と述べ、沖縄の思いに寄り添う必要性を改めて痛感したという。

 翁長氏が前知事による辺野古埋め立て承認を取り消す意向を示していることには、「知事は選挙で公約して戦ってきた。政治家としてある意味やむを得ないということもある」と理解を示した。一方で「政府は政府として、国全体や国民の皆さんの安全保障という立場の中からの考え方もある」と説明。「話し合いを進める中で、何らかのアイデアが出てきたらありがたい」と問題解決の進展に期待を込めた。