〈野ざらしを心に風のしむ身かな〉。俳聖・松尾芭蕉が「野ざらし紀行」で最初に詠んだ句。行き倒れになる覚悟で漂泊の旅に出る心境がにじむ

▼俳句同人誌「天荒」を主宰する野ざらし延男さん(76)は高校時代、この句に突き動かされ「俺も俳句に命を懸けてみる」と決心した。ほとばしる情熱の結晶であり、沖縄の地が育んだとも言えるだろう。「天荒」が全国俳誌協会の編集賞特別賞を県内初受賞した

▼「目からウロコ、驚嘆の思いで読んだ。うまさを競う時代にレトリックでは作れない俳句が並んでいた」。授賞式の講評で俳人・恩田侑布子さんはこう評した

▼〈火だるまの地球がよぎる天の河〉〈能面が爛(ただ)れたままの安全神話〉。同人誌のページをめくると、テレビのバラエティー番組でもてはやされる修辞法とは一線を画す骨太の句が並ぶ。恩田さんは「現実への批評精神を持ち、美しいものに逃げ込んでいない」と語る

▼俳誌名の由来は中国の故事。唐の時代、官吏登用試験で合格が出ず、未開の荒れ地を指す「天荒」と例えられた。初の合格者が出ると、天荒を破った「破天荒」と言われた。俳誌の冒頭にこうある。「天荒の二文字に『破』の一字を冠するため心血を注ぐ」

▼沖縄から混迷の現代を見つめる視点。誰も成し得ていない到達点へ。高みを目指す旅路は続く。(西江昭吾)