うるま市石川曙の東海岸沿いに、朝から開いているカフェ&レストランがある。宿泊施設を改装して2月にオープンした「Capful(キャプフル)」は「朝食文化を広める」をコンセプトに、サラダやサンドイッチなどのメニューが並ぶ。店名の「キャップ一杯の量」の由来から「日常に“ちょっとした”楽しみ」を掲げる。

野菜たっぷりの「ローストビーツ&アヴォカドサラダ」(左)とカンパーニュをカリッと焼いた「フレンチトースト」(右)

「アットホームなお店にしていきたい」と話す照屋竜平さん(右)と津波吉作さん=うるま市石川曙の「Capful」

「キャプフル」の場所

野菜たっぷりの「ローストビーツ&アヴォカドサラダ」(左)とカンパーニュをカリッと焼いた「フレンチトースト」(右)
「アットホームなお店にしていきたい」と話す照屋竜平さん(右)と津波吉作さん=うるま市石川曙の「Capful」 「キャプフル」の場所

 朝食にぴったりなのが、「ローストビーツ&アヴォカドサラダ」(700円)。栄養価の高い根菜のビーツを一晩マリネにし、グレープフルーツやラディッシュなどを組み合わせた一品。朝から野菜や果物がたっぷり楽しめる。

 今月18日から始めた「フレンチトースト」(650円)は数量限定。神奈川県鎌倉市の老舗カフェと一緒に商品を開発した。カンパーニュを使い表面はカリッと、中はふんわりと焼き上げた。朝食としても食べやすいよう、甘さ控えめ。付属のメープルシロップで調整もできる。付け合わせには塩の効いたベーコンとサニーレタスを添える。

 チーフの照屋竜平さん(27)と店員の津波吉作さん(27)は、同窓生で10年来の付き合い。「2人で良いものを作っていこうと、楽しみながら試行錯誤の日々です」とにっこり。売り切れの時もあるが基本は時間帯問わず、朝食含む全てのメニューを提供している。朝からステーキやお酒も出しており「休日の朝などに特別感も味わって頂けたら」と話す。

 2人は「生活の一部として、気軽に立ち寄れるような温かいお店にしていきたい」と抱負を語った。(中部報道部・大城志織)

 【お店データ】うるま市石川曙1丁目6の1。営業時間は午前7時半~午後3時半(ラストオーダーは午後3時まで)。水曜定休。駐車場約10台、店内は約20席でテラス席もある。電話098(965)4550。