【読谷】韓国・朝鮮の相撲(シルム)の第5回世界選手権と第1回アジア選手権(20~22日、ミャンマー)に沖縄県内の選手らが日本代表として出場する。県内選手団の参加は3年ぶりで、メンバーは「優勝を目指す」と意気込んでいる。代表選手は日ごろから沖縄角力、柔道、日本の相撲に取り組むつわものたち。