名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県の潜水調査が終わるという条件の整った直後に、沖縄防衛局は海上作業を再開した。翁長雄志知事が辺野古沿岸の埋め立て承認の取り消しに動きだす段階に入ったが、「承認に瑕疵(かし)はない」(菅義偉官房長官)と譲らない政府は「法令に基づいて作業を進める」という姿勢を淡々と貫く。