高校野球の第65回県秋季大会(主催・県高野連、共催・琉球放送・沖縄タイムス社)は12日、沖縄セルラースタジアム那覇で開幕し、61チームによる熱戦が幕を開けた。開会式で与勝の宮城太賀主将が「先輩たちに負けないよう、新たな歴史をつくる挑戦者として全力でプレーする」と選手宣誓した。

北中城-コザ 5回裏コザ2死一、二塁、照屋竣生の二塁適時打で一走・宮城隆汰が生還=北谷球場

 初日は同球場などで1回戦6試合が行われ、北部農は11-6で美里を破った。中部商は8-4で球陽を下した。知念は延長十五回の末、6-3で向陽に勝利。宜野湾は8-2で宮古工を退けた。コザは北中城に、那覇西は北谷にそれぞれコールド勝ちした。

 第2日は13日、同球場などで1回戦8試合を行う。決勝は10月4日の予定。

 上位2チームは来春の選抜大会出場の選考資料となる九州大会(10月24~29日・鹿児島)に出場する。

【12日の結果】

▽1回戦

宜野湾 8-2 宮古工

知念 6-3 向陽

コザ 8-1 北中城

北部農 11-6 美里

中部商 8-4 球陽

那覇西 13-0 北谷

【13日の試合】

▽1回戦

〈セルラー那覇、9時〉

西原-浦添工

小禄-本部

首里東-那覇商

〈北谷、9時〉

普天間-那覇国

浦添-沖高専

具志川-名護

〈宜野湾、9時〉

宜野座-沖縄工

名商工-開邦