米軍普天間飛行場の返還問題をめぐり、決裂に終わった政府と沖縄県との1カ月の集中協議期間を経て、沖縄防衛局は12日に作業を再開した。県の辺野古沖での潜水調査終了は待ったものの、予告通りの着手。菅義偉官房長官、翁長雄志知事は、互いに「理解を得られなかった」まま作業再開を迎えた。