那覇国際は、本塁生還を許せば同点のピンチを好中継で切り抜けた。3-1で迎えた六回の守り、2死二、三塁とされ、左前打を打たれた。三走に続き、二走も本塁を突いたが、レフト西銘大晴、サード小川宇宙、捕手の我那覇大毅と渡って間一髪タッチアウト。1失点で抑え、夏8強の普天間を3-2で下した。