警察庁は2018年度予算案で、緊急事態への対処のため国境離島などでの警備に当たる大型ヘリ2機の購入費18・8億円を盛り込んだ。同庁は目的として、「領有権を主張する活動家による上陸や、武装集団による不法上陸に対応するため、航空輸送力を強化する」と説明。