沖縄県名護市大川のウコン畑で17日、祖父の手伝いをしていた石川暁斗さん(19)に、チュウサギ(サギ科)が後ろから近づいてきた。

石川さん(右)から餌のミミズをもらったチュウサギの「シロー」=17日、名護市大川

 チュウサギは石川さんにぴたりと寄り添い、その手元を見つめ、土から出てきたミミズを「おねだり」。石川さんはミミズをプレゼントした。野鳥が人の手から餌をもらうのは珍しい。

 人懐っこいチュウサギは「シロー」と命名された。石川さんは作業の手を休め、シローのくちばしをなでるなどした。しばらくすると、シローは満腹になったのか、西の空に飛び立った。(玉城学通信員)