3回目のリードを許しても、具志川ナインは諦めなかった。3-4で迎えた八回裏、2安打と暴投で1死二、三塁のチャンスをつくった。7番山内隆太郎の当たりは遊ゴロだったが、三走の渡久地光貴が「ゴロならゴー、の練習をしてきた」と迷わず本塁突入。捕手のブロックをかいくぐり、左手でベースに触れて同点に追いついた。