西原が終盤3イニングで7安打と畳み掛け、5点を奪って浦添工を破った。 0-0の七回、背番号15の7番平良怜也が、それまで2安打と湿りがちだった打線に火を付けた。2死一塁、「後ろにつなごう」と内角低めの直球を振り抜くと、ライトオーバーの先制三塁打。