翁長雄志知事は、名護市辺野古沿岸の埋め立て承認取り消しを表明した直後、「ありとあらゆる手段を駆使して辺野古に新基地は造らせない。その第一歩だ」と力を込めた。新基地建設阻止で最大の知事権限を行使しながら、それでも切り札や決定打ではなく、“始まり”に過ぎないという覚悟を強くにじませた。