【名護】稲嶺進名護市長は14日、市役所で会見し、「やっとここまで来た」と承認取り消し表明を評価した。同時に「知事も喜んでやってはいない。県民の世論を無視して国が強行することに対し、県民の願いを貫き、自分の信念を通すという意味で当然の帰結だろう」と指摘した。