【北谷】昨年、血液のガンで19歳で亡くなった「なっちゃん」こと儀間夏海さんが書きためた詩に曲をつけた歌などを歌うライブ「夢熱く 夏の海と七色の中に」が20日午後6時から、町美浜のライブハウス・モッズで開かれる。「なっちゃんの夢を叶えるプロジェクト」が主催。3月にも同様のコンサートを開いており、第2弾になる。

なっちゃんの歌を歌うライブのアピールをする貴之さん(左)とnatchyさん=沖縄タイムス中部支社

 儀間さんは歌手になるのが夢で、闘病中も命と向き合う詩を書き残し、その詩に音楽家の貴之さんらが曲をつけた。今回のライブは貴之さんやnatchy(なっちぃ)さんらが歌うほかダンスもある。司会を務める幸田悟さんや民謡歌手の松田一利さんも歌う予定。

 貴之さんは「前回のコンサートでは、親世代の人が多く、泣いている人も多かった。今回は笑顔で帰れる楽しいライブにしたい」。natchyさんは「なっちゃんは歌の中に生き続けていると思うので、大事に歌いたい」と話した。

 前売り2500円、当日3千円。中高生は千円、小学生以下無料。問い合わせは同プロジェクト、電話098(988)8670。