2015年上半期(1~6月)の飲酒運転摘発件数が沖縄は791件で、全国最多となったことが15日までに警察庁への取材で分かった。人口が約5倍の愛知県と並び、3位の大阪との差は100件。