総務省消防庁はこのほど、災害対策基本法に基づき、障がい者ら災害時の避難に支援が必要な人の名簿を作成済みの市区町村が、4月1日時点で全体の52・2%にとどまるとの調査結果を発表した。