翁長雄志知事は14日の会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた埋め立て承認の取り消しを表明した。政府との集中協議の決裂を決断した理由に挙げた。対話を重視してきたが、翁長氏は「私の意見を聞いて取り入れようというのは見えてこなかった」と無念さをにじませた。5回の集中協議で、翁長氏は何を語ったか。