母の大事な内職でもあり、趣味でもある洋裁を中断させる、突然のタカの出現はとても迷惑だったが、あるときからぱったりと姿を見せなくなった。話を聞いた父が、「タエコの仕事の邪魔をするな」 と怒り、タカがへそを曲げたのである。