沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民や県議ら約120人は16日午前、キャンプ・シュワブゲート前で「戦争法案いらない」「民意を守れ」と訴え、プラカードを掲げて抗議活動をした。

名護市辺野古の新基地建設反対を訴え抗議活動を続ける市民ら=16日、キャンプ・シュワブゲート前

 シュワブの海岸ではクレーン車がオイルフェンスをつり上げ、岸付近に下ろす作業が午前9時現在、続いている。

 新基地建設に反対する市民らは船3隻、カヌー11艇を出して抗議している。