安全保障関連法案が参院の特別委で強行採決されたことを受け、沖縄県内の国政野党からは「国民を無視する与党に政治を語る資格はない」など強行採決を批判する声が上がった。一方で、国政与党の自民党県連は採決を阻止しようとした野党を批判し、参院本会議での可決を望んだ。 国政野党のうち、県内第1党の社民党県連。