【東京】安全保障関連法案は、歴代内閣が憲法解釈で禁止してきた集団的自衛権の行使容認を大前提にしたものだ。その先に見据えるのは、平時から有事まで日米の「切れ目のない」協力体制。