【東京】自民党が在沖米軍基地の負担軽減策を協議する議員連盟を発足し、24日に初会合を開くことが分かった。党関係者が17日、明らかにした。顧問に菅義偉官房長官、会長には沖縄県選出の島尻安伊子参院議員が就任する。基地機能の移転先を模索し、沖縄の負担軽減策を探るのが狙いだ。