琉球朝日放送の開局20周年を記念し、幻想的な水槽デザインと照明、映像を組み合わせた金魚の水中アート「アートアクアリウム展~沖縄・金魚の結」(主催・沖縄タイムス社、琉球朝日放送、リウボウインダストリー)が18日午前、デパートリウボウ6階催事場で始まった。国内外で累計500万人が来場した水中アートで、中でも最も人気の高い金魚シリーズ。沖縄初開催で、11月15日まで。

幻想的な水槽デザインと照明、映像を組み合わせた金魚の水中アート「アートアクアリウム展」

 18日のオープニングセレモニーで、琉球朝日放送の上里猛社長は「効果的な照明やデザインで創り出す幻想的な世界は、みる人に感動を与える」と魅力をアピール。インテリアや空間構成など全てをデザインしたアートアクアリウムプロデューサーの木村英智さんは「金魚は平和の象徴。金魚が結ぶ平和の祈りを伝えたい」と語った。

 前売り券(当日券)大人(高校生以上)900円(1000円)、小中学生700円(800円)。問い合わせは沖縄タイムスサービスセンター、電話098(869)3000。