【東京】菅義偉官房長官は18日午前の閣議後会見で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認の取り消しをめぐって、県の意見聴取に沖縄防衛局が応じない考えを示したことに、「埋め立て承認の申請にあたって十分な資料を提供し、沖縄県とやりとりし、(前知事が)合理的な判断で承認した。承認に瑕疵(かし)はないし、改めて意見聴取に応じる必要はない」との認識を示した。

 その上で、翁長雄志知事が埋め立て承認取り消しの方針を表明していることから、「行政手続法にのっとって聴聞を実施するべきだと思う」と述べ、とるべき手続きが違うと指摘した。