【名護】名護市議会(屋比久稔議長)は18日の市議会定例会で、辺野古の新基地建設に関連して、翁長雄志知事の公有水面埋立承認の取り消し表明を支持する意見書案を賛成多数で可決した。政府にボーリング調査の即時中止と新基地建設計画の白紙断念を求めている。あて先は内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣など。

 意見書では「承認取り消しは昨年の名護市長選や県知事選など一連の選挙で示された県民の民意を体現したものであり、今後とも県民挙げて翁長知事を支えていかなければならない」としている。