安倍晋三首相は26日、第2次安倍政権発足から5年を迎えた。県外では高い支持率を維持する一方、沖縄では名護市辺野古の新基地建設問題で翁長雄志知事と鋭く対立。沖縄関係予算は2年連続の大幅削減となり、2018年度予算案は翁長氏就任以降最少となった。現政権で基地と振興の露骨な「リンク」が際立っている。