菅義偉官房長官は18日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認の取り消しをめぐって、沖縄県の意見聴取に応じない方針を示したことに「承認に瑕疵(かし)はないし、あらためて意見聴取に応じる必要はない」との認識を示した。承認までに十分な資料を県に提供し、仲井真弘多前知事が「合理的に判断した」と理由を説明した。

菅義偉官房長官

 中谷元・防衛相は同日の閣議後会見で「関連法令、手続きを順守し、取り消しを行いうるものか、公正に判断することを望む。その上で沖縄県があえて行政手続法の適用外として設置した意見聴取の場で、これ以上のことを申し述べる考えはない」と語り、法廷闘争を見据え、県をけん制した。