全国でホテル法華クラブグループを運営する法華倶楽部(東京都)は来年1月、那覇市久茂地に「アルモントホテル那覇・県庁前」をオープンする。沖縄県内では2006年から那覇市新都心でビジネスホテル「ホテル法華クラブ那覇・新都心」を経営。新たにアルモントのブランドを投入し、ビジネスマンのほか、国内外の観光客の取り込みも狙う。

那覇市久茂地にオープンするアルモントホテル那覇・県庁前の外観イメージ図=同社提供

 ホテルは地上12階建てで、客室数は159室。シングル、ダブル、ツインの3タイプを設け、広さは15~21平方メートルでやや広めに設定。宿泊客専用のレストランや大浴場も併設する。価格設定はこれから。10月からはインターネットなどで宿泊予約の受け付けを開始。那覇市内に滞在するビジネスマン、国内・海外からの観光客をターゲットに営業活動を展開する。

 開業を前に今月から市内に準備室を設け、現在フロントスタッフなど従業員の募集も始めている。県内を中心に約50人の採用を予定している。

 同グループは全国で17のホテルを運営しており、アルモントのブランドは京都で1店舗のみ。担当者は「新規オープンで多くの人にアルモントブランドの魅力を伝え、認知度を高めたい」と語った。