【沖縄】琉球朝日放送の「熱血釣り塾」で沖縄県内各地の漁場を紹介している山城淳(すなお)さん(60)=沖縄市胡屋=が21日、「山城淳塾長の熱血釣り塾」を発売する。県内で釣れる魚56種類の釣り方や漁場、釣れる季節や時間帯など釣り歴30年で得た釣りの「極意」を1冊にまとめている。山城さんは「これを見れば誰もが基本から分かる。釣りを始めたばかりの初心者に一番見てほしい」と話している。

釣りのノウハウを集約した本の発売をPRする山城淳さん=16日、沖縄タイムス中部支社

 山城さんは釣り情報誌「月刊海族」の編集長として、これまで釣り情報を発信してきた。10年前にも釣りの集大成となる本を出版したが、今回は新たな仕掛けや埋め立てで地形が変化してしまった漁場を削除するなどして、最新の釣り情報に改訂した。

 112種類の仕掛けと、中学生でも理解できるよう心掛けた釣り用語555語、しまくとぅばと和名のどちらからでも索引できる333種類の魚名を収録している。糸の結び方や針への餌の付け方といった基本的な技術や岩の多い場所、沖合など漁場の違いで気を付けるべき釣りのポイントも掲載している。

 本は宮脇書店やTSUTAYA、県内の各釣具店で販売。5千部発行で税込み2500円。