与党などは多くの憲法学者が「違憲」と断じる安全保障関連法を強行採決した。国会周辺だけでなく全国各地で廃案や丁寧な議論を求めて人々が声を上げた。安倍晋三首相自らも「国民の理解は深まっていない」と認めた。それでも強行採決し、70年間積み上げた憲法の政府解釈を一内閣の判断で覆した。